ノベルティ品としてのポケットティッシュ

ノベルティ品をポケットティッシュにする理由


企業の販促活動の一環として、ノベルティ品のポケットティッシュが選ばれています。
その理由は、ポケットティッシュ自体が日本人の生活に欠かせない必需品として根強いことや
、色々とプラスに働く効果がある
からです。
 
2-1.ノベルティ品を無料で配布する効果
ノベルティ品を作成するには、少なからず費用が掛かります。
それでも、ポケットティッシュを無料配布することは、
それに見合う効果を得ることができるからといえるでしょう。
 
ノベルティ品のポケットティッシュを無料配布する効果の一つに、
「費用対効果が高い」という特徴を挙げることができます。
 
ポケットティッシュを販促活動の一環として取り入れる会社の狙いは、
「来客数を増加させるため」、「売り上げを高める」などです。
ポケットティッシュであれば、自社に興味のない方でも
気軽に手を伸ばして受け取ってくれるという効果も期待できます。
 
ポケットティッシュを受け取った方の中には、ラベルに書かれた宣伝広告を全く見ないとい方も多いでしょう。
しかし、中には受け取ったポケットティッシュにふと目を留めて、宣伝広告を熟読する方もいるかもしれません。
そのような方を狙って、ノベルティ品のポケットティッシュを配布している企業があるのも確かです。
 
2-2.ポケットティッシュの行方によっては宣伝力が広まる
ポケットティッシュを受け取った方が、実際に自分でティッシュを使用するかは定かではありません。
場合によっては、受け取ったポケットティッシュを誰かにあげたり、家に保管していたりするかもしれません。
 
このような場合は、譲り受けた人や家族、友人がポケットティッシュを手に取り、
宣伝広告の内容を見るかもしれないのです。
 
ポケットティッシュは、中身のティッシュを使い切るまでは、捨てられずにどこかに保管、
または受け取った時点からずっと鞄の中に入れられていることがあります。
そのため、ティッシュを使い切るまでは、その販促活動は続いており、
不特定多数の方に宣伝内容を見てもらうことができる可能性が広がる
のです。
 
2-3.ポケットティッシュは一年を通して必需品
販促活動に力を注ぐ企業には、ノベルティ品のポケットティッシュに
さまざまな工夫を凝らしていることがあります。
大企業であれば、制作に費用が掛かることは承知で、非常に手の込んだノベルティ品を準備しています。
いつもとは違うポケットティッシュであれば、手に取ってもらいやすくなりますし、
それが人々の心を掴む使い勝手の良いノベルティ品であれば尚更高評価といえるでしょう。
 
しかし、新製品や新メニューが出るたびに、高額な予算をかけた販売促進をすることは、
現実的に難しいという企業もあるでしょう。
中小企業や個人企業が制作したノベルティ品のポケットティッシュは、
大企業が実施するノベルティ品(ポケットティッシュ以外)よりは、消費者からの興味が劣る可能性があります。
 
しかし、それでも忘れはいけないのが、「ポケットティッシュは一年を通して必需品」であるという強みです。
 
日本の四季に合わせて、季節ごとのノベルティ品が配布されていますが、
実際には次の季節がくれば新しいノベルティ品ばかりに目が行き、
場合によってはこれまでのノベルティ品は捨てられてしまう可能性があります。
しかし、ポケットティッシュであれば、季節に関係なく、一年を通して利用される日本人の必需品であるため、
季節ごとにノベルティ品を変えることなく、同じポケットティッシュを活用することができるでしょう。
 
 

ポケットティッシュは、今や日本人の生活には欠かせない必需品となっています。
あると便利で、ないと不安という方も多いでしょう。
そのような消費者の心理を上手く見極めて、効果的にノベルティ品のポケットティッシュを、
企業の販売促進のために活用していくことが望ましいといえるでしょう。
 
販売促進用のポケットティッシュの効果を最大限に活かすためには、
ポケットティッシュ、されどポケットティッシュであることを念頭に置き、
効果が高いとされるポケットティッシュの種類や形状、
お客様のニーズに応える製品を作り出す必要がある
のです。